ラマナ・サットサン 7月28日

定例のラマナ・サットサン終了しました。初めて参加された方もいらして、とても興味深いお話を聞くことができました。この道30年、それぞれに物語がありますね。ラマナの本を読んで、自分なりの「私は誰か」を知るための方法があり、それに向かって進んでいくお話は私にとっても学びになります。何が「私は誰か」を悟るための障害になっているのか、すでに自分はそれであるはずなのに。瞑想の体験の限界点は何か。なぜこの探求をやめなかったのか。そんなお話の数々。いつもながら参加者の方任せのサットサンで、私も楽しませて頂いています。もちろん締めくくりの瞑想もみなさんの意識が同調されたいい瞑想でした。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。