悲しみの傷を抱えたままで(8)

私は静かに座る時間を続けてきた中で、 

初めて何かをつかんで世界に戻ることができました。  

しかし、目を開けて世界で生きる私は、 

まだ身体であり心であり続けました。 

やはり身体と心の感覚は強烈で、 

それを自分ではないと断言できるほどの確信が持てません。  

私は世界に戻ったとたんに、 

静かに座っていたときの 存在しているあの感覚を

急速に失っていきました。  

そして、気づけば心の中に悲しみの傷が 

深い海溝のように横たわっていました。 

それを感じて私は失望しましたが、 

小さな希望が私を支えているのも分かりました。 

それから、私は何度も座って、 

心の奥へと潜行していきました。 

そして、あの存在の場所に長くとどまれるようになりました。  

あるとき、自分とは身体や心ではなく、 

その存在が自分なのだという確信が起こりました。  

それを消すこともできず、

そこから別のものになることもできず、 

そこから離れることもできず、

否定することさえできなかったからです。 

 こんなに確かなものを私は知りません。 

世界は私を裏切り続けましたが、 

この自分だけは信頼できます。 

私ははじめて自分の拠り所として 

確かなものを手に入れたと思いました。 

いえ、それは手に入れたと言うよりも、 

それは私の中に以前からあって、 

ただそれに私自身が変わっていったのです。  

私はその存在になりました。 

目を開けてこの世界に戻っても

それは変わりませんでした。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。