悲しみの傷を抱えたままで(7)

あるとき、私は心の一番の奥底にたどり着きました。

これ以上、どうやっても深く行くことができません。

そこが私の中の行き止まりです。

そこは完全に停止していて静寂に支配されていました。

どこにも思考やイメージは見当たりません。

それはまったくの無の世界です。

そこで私だけが、ただ存在していました。

すべてが暗闇に飲まれていて、

そこに自分が存在しているという感覚だけが、

かろうじて残っている状態です。

存在している。

これが私の一番深いところにある感覚でした。

これ以上、自分から取り去るものは何もありません。

私は存在していないという状況になることができません。

思考や感情は消し去ることができましたが、

この存在だけはそうすることができませんでした。

私はこれが本当の自分ではないかと気づきました。

存在しているとは自分のことを意味しています。

それは自分以外の何かが存在しているということではありません。

そう、私は、確かにそこに存在していたのです。

いままで、私は自分とは身体や心の動きだと思ってきました。

だから、身体が傷つけば、私が傷ついたと思い、

心に痛みがあれば、私は痛みがあると思ってきたのです。

しかし、存在には傷つく身体も悲しみを感じる心もありません。

それでも私は存在しています。

つまり、私は身体でも心でもなかったということです。

そう分かったとき、私は心の暗闇に光が差すのを感じました。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。