悲しみの傷を抱えたままで(6)

自分の悲しみを持て余していた私にとって、

この話はその時の私にとって唯一の希望になりました。

もちろん、まだ何も分かってはいませんでした。

本当の自分とは何を意味しているのでしょうか。

預言者はそれが自分の心の奥底にあると言っています。

私は静かに座って目を閉じました。

そして、自分の心の中へと目を向けました。

私の心の中は、思考や夢のようなイメージ、様々な記憶、感情が、

ひっきりなしに現れたり消えたりして渦巻いていました。

私はその渦の中に飲み込まれて溺れそうになりました。

私は悲しみの波に直接さらされている感じがしました。

そこにいても悲しみの傷がうずくだけで、

どこにも本当の自分など見当たりません。

それでも私は何度も心の奥への潜行を試みました。

その度に悲しみの傷にさらされて、

そして何も見つからず失望しながら戻ってきました。

そんなことを繰り返していると、

やはり、あの預言者の言うことは

間違いではないかと疑いもしました。

しかし、今の私にはあの預言者の言葉しか希望がなかったため、

上手くいかないからといって、

それをすぐに手放す気にななれませんでした。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。