悲しみの傷を抱えたままで(4)

ところが、私はまったく油断していました。

私は楽しく明るい人生を生きるようになっていたため、

私の中で悲しみがその優位性を失ったと思い込んだのです。

私は悲しみに対する防御を緩めていました。

あるとき、同じように願望をイメージをしたのにもかかわらず、

私の願望が叶わないことがありました。

私はすべての願望が叶うと信じて疑ってなかったので、

その事実に対して衝撃を受け、

即座に深い悲しみに落ちていきました。

何がいけなかったのか、まったく見当もつきません。

今まで通りに間違いなく願望達成法を実施したのです。

それでも私の願望は叶いませんでした。

私は願望が叶わない人生に不信感を持ちました。

私は必ず叶う願望を目指して生きているのであって、

叶わない願望を目指しているわけではありません。

願望が叶わないなら、

この人生に何の意味があるでしょうか。

私はまた悲しみを積み上げていく人生の中へと

戻ることになるのです。

それは私にとって受け入れがたいことでした。

私は願望を叶えるという悲しみを消し去る方法に失敗し、

その衝撃で以前にも増して心に深い傷を抱えることになりました。

私は道を失ったと感じて、

ただこの悲しみを抱えて途方に暮れるしかありませんでした。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。