梅雨曇の明治神宮

窓から空を見上げると、雨は降っていないと分かりました。いつもの日曜の朝どおりに明治神宮へ。空気は湿っていて少し早足で歩くと薄っすらと汗が出てきます。境内は日曜日の静かな気が満ちていました。小さな子供が私を不思議そうにじっと見つめていたので、目を合わせて微笑んだら、その子も微笑み返してきました。そして次の瞬間には何もなかったように別の方を向いて行ってしまいました。帰りの参道で知らない人からすれ違いざまに「おはようございます」と言われました。えっと思って振り返ったときには、その人の背中はかなり遠くになっていました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。