愛を求めずにはいられない(11)

今までの愛は、性格や容姿、考え方などに基づいていました。

思い切った言い方をすれば、愛する人の外面が重要だったのです。

しかし、その自分自身への愛はそういったことではありません。

むしろ、外面は不必要な要素になります。

外面をつくろうことは全く意味をなしません。

これは文字通り裸になって飛び込まなければ、

受け入れてもらえない愛です。

その自分自身は私を全面的に受け入れようとしています。

ただ、今度は私がその自分自身を

受け入れるかどうか決めかねていました。

あれこれと踏ん切りがつかないでいましたが、

結局、私はすべてを捨て去る覚悟を決めました。

今まで世界でいくつもの愛を手に入れてきましたが、

これ以上の愛を感じたことはなかったからです。

この愛を失えば、

また世界で苦痛を内包した愛を探すことになります。

それは求めていた愛ではなかったという結末しか待っていません。

もう、私はその繰り返しを経験したくありませんでした。

私は今までの私を捨てました。

その自分自身とひとつになりました。

私は個人ではなくなり、その自分自身になりました。

そうなって、私は今までにない新しい理解を得ました。

それはそれ以上の自分になることはできないということです。

そこで私は完全になり、欠けているものは何もないと知ったのです。

それは色あせることなく、

消え去ることもありませんでした。

私はようやく求めていた相手に出会ったのです。

私は愛によってその自分自身になり、

本当の自分を理解することができました。

その自分自身の愛は純粋な存在と言えるものです。

存在には姿かたちがなく、姿かたちになる前の状態です。

それによってすべての姿かたちが創造されていました。

思考や感情、性格や知識さえもそれでつくられています。

そうして、存在は世界のすべてに無条件で存在を与えていました。

宇宙はこの存在に包まれていて、

その中で自由に創造が繰り返されていたのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。