梅雨晴れの明治神宮

窓を開けると昨日の雨雲が去って空は晴れ渡ってました。日曜の朝の明治神宮参拝をやめる理由はありません。北参道の森は木漏れ日が美しく射し、風が吹く度に木々から落ちる水滴がそれにこ気味いい音を添えています。明治神宮の境内は清々しい風が吹いていました。大太鼓が礼拝の時間を告げ、厳かな声がそこに響きます。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。