愛を求めずにはいられない(8)

しかし、私はその自分自身のことをよく知りません。

私はその自分自身を信じていいか迷いました。

そこで、私は何度もその自分自身に会いに行きました。

そして自分自身のことをもっとよく知ろうとしました。

その自分自身には姿かたちがありません。

それは私の目の前に現れることはないのです。

それでも、そこにいることは分かりました。

それは分かりすぎるくらい分かります。

さらに、その自分自身は一言も喋りませんでした。

私が何かを話しかけても黙っています。

つまり、言葉による意思疎通は不可能でした。

私はその自分自身をどう理解したら良いのか悩みました。

姿かたちもなく、何も喋らなければ、

いったいどうして理解すればいいというのでしょうか。

しかし、その自分自身がとても大事な存在だということは、

直感で分かっていました。

その自分自身はいつでもそこにいました。

会いに行って不在だったことはありません。

それだけでも、その自分自身を信頼できると感じました。

それは私から消え去ることも、隠れることもありませんでした。

その自分自身は何も喋りませんが、

その代り、偽ることも裏切ることもありませんでした。

いつでも黙って目立たずに私のそばにいました。

何の判断も批判もせず、私のすることを認めてくれていました。

私はその自分自身に興味を惹かれていきました。

もっと、その自分自身を知りたいと思いました。

私はその自分自身を愛し始めたのかもしれません。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。