愛を求めずにはいられない(7)

私が以前に失った相手とは誰なのでしょうか。

それがお気に入りの考えや想念ではないなら、

心の中にいったい何が残っているのでしょうか。

どれだけ心の中を探しても、

私はその誰かを見つけることができませんでした。

心の一番奥底にも到達しましたが、

そこは何もない静かな空間があるだけです。

変わることのない愛など、

どこにもないように思えました。

しかし、ひとつだけ見落としがありました。

何もない空間には誰もいないわけではありませんでした。

そこには愛を探している自分自身がいたのです。

私が探していた誰かは、

愛を探していた自分自身でした。

私は自分のことを身体や心だと思ってきました。

姿かたち、性格や知識、能力を自分だと信じてきたのです。

その自分であるとき、私は不完全な存在でした。

それで、その不完全さを補ってくれる誰かを

世界や心の中で探していたのです。

しかし、不完全さを補う相手は世界ではなく、

自分の心の奥底にいました。

しかも、それは自分自身だったのです。

自分自身と言っても、

それは身体や心ではありません。

それは自分の原点というべき存在です。

私は自分の心の一番深いところで、

いままで知らなかった自分自身に出会いました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。