愛を求めずにいられない(6)

私を完成させてくれる愛は私の中にありました。

それは、世界の中で見つけてきた愛する誰かではありません。

私の中に、そのつながりが途切れてしまった誰かがいました。

その誰かを失ったために、私は不完全な存在になったのです。

私は元々完全でした。

しかし、あるとき突然不完全になってしまいました。

私は完全性を取り戻すために、

断ち切れてしまったその誰かと再びつながる必要がありました。

そうしなければ、不完全な自分に苦しみ続けることになります。

それを取り戻すためには強い力が必要です。

私は愛という感情の強さを知って、

その感情を使って、完全な自分に戻ろうとしました。

私はその力を当たり前のように世界に対して使いました。

しかし、強い愛で世界に誰かを求めても、

私の完全性を取り戻すことにはできませんでした。

それで、私は自分の中にその相手を探すことにしました。

私は自分の中の思考を愛しました。

それを愛することで、私は変わっていきました。

私の独特な考え方、高尚な哲学、洗練された教養、

そういった思考とのつながりは私を満足させていきました。

それは上手くいくのではないかと思われました。

私は思考によって完全になるのを感じました。

思考の愛は私を裏切ることもなく、

それが私を攻撃する感情に変容することもありません。

しかし、それも良いことばかりではありませんでした。

思考と愛で完全になった私は、

その思考に振り回されるようになっていったのです。

確かだと信じていた思考は、

実はいつも変化していて、

まるで気まぐれに現れたり消えたりします。

それが不安定になる度に、

私は完全性を失ったのではないかと感じて、

不安になり、苦しむことになりました。

私は自分の思考を愛することに疲れてきました。

自分の中にあるものでさえ、

私を完全にすることはできないという現実に、

私は途方に暮れる思いでした。

結局、それは世界の中で、

変わることのない永遠の愛を見つけようとしていることと、

それほど変わることがなかったのです。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。