神々の瞑想

この本は私にとって思い入れのある作品のひとつです。瞑想と悟りというある意味堅苦しいテーマを、もっと普段の生活につなげて説明することはできないかと考えていたときに、この物語の構想が浮かびました。そして、小説として書くことで、真実を客観的にとらえやすくなり、そこで理解しやすい状態にもなると気づきました。ただ、この物語をどう解釈するかは読者の方のイマジネーションに任せることになります。もし、この物語の登場人物に自分に重ね合わせることができる誰かを発見できれば、そこから本当の自分に対する理解が芽生えてくるかもしれません。まずはこの不思議な世界観を感じながら読んでいただければと思います。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。