最後の書 改訂版

最後の書の改訂版を発刊しました。文体を変更し、さらに推敲を重ねて説明の弱い箇所を補い、より読みやすく仕上がったと思います。6年も前に出版した本ですが、自分で読んでも新しい発見がある本です。印象としては、最後まで読み切って、はじめて全体像が現れるような気がします。何枚ものトレーシングペーパーに書かれた部分的な絵を重ねることで、ひとつのまとまりのある絵になるような感じです。私が一番最初に出版した本でもあり、制作に一番苦心した記憶があります。内容的に難解なところもあるかもしれませんが、是非、お手にとって読んでいただけたらと思います。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。