生きているという現実の中で(16)

生きているという現実の中で、

心の中のたったひとつの小道をたどって、

私はその真の存在に気づき、本当の自分になりました。


その本当の自分と今までの自分とは、

驚くほど全く違う存在でした。


本当の自分には動きがありません。

そこには時間もありません。

そのため変化することがありません。


それはひとつしかありません。

分割できないほど小さく、

それでいてすべての世界を包み満たしています。


それは、存在しています。

明確な姿こそありませんが、

何よりも確実に存在しています。


本当の自分を消し去ったり、そこから離れたり、

破壊することはできません。

それは不滅なのです。


それは完全です。

そこに不足しているものがありません。

世界の全ては例外なくこの本当の自分でつくられています。

ということは、すべてが自分だということです。


こんな存在が本当の自分だったのです。

今までの自分とはまったく異質でした。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。