生きているという現実の中で(15)

それは私の心の中心にあります。

中心には何が在るでしょうか。

そこには私がいます。

そこには決して動くことのない私の視点があります。


世界を探していたその心の目が私自身でした。

心の中の思考や映像を見ていた心の目が私です。

この私の姿を見ることはできません。

自分の目で目を見ることができないように。

それでもそこに私がいることは確かでした。


この私がいなければ、

どんな人生の経験もできませんでした。

この私はどんな時でもそこにいたのです。


人間として生まれたとき、

楽しく笑っているとき、

悲しみに打ちひしがれているとき、

何かを考えているときや空想しているとき、

そして、死んでいくとき、

死んでしまったあとも、

私はそこにいてすべてを見ていました。


私が何か足りないと思っていたとき、

それを世界中に探しているとき、

それを心の中に見つけようとしているとき、

その私はそんな自分にずっと寄り添っていました。

そして一緒にそれを見つけようとさえしていました。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。