生きているという現実の中で(13)

私はきっと明日も生きていきます。


その時、何かをするでしょうし、

迫られて何かをしなければならないかもしれません。


それが私にとって、当面の大事なことであり、

何が不滅かを知ることは緊急性がある問題ではありません。


日々の中で、そんな疑問はすぐに心から消えていきます。


もし、一日中、何が不滅かを考えているなら、

私は人生の大切な時間を無駄にしているも同然だと、

そう思い直すのに時間は必要ないでしょう。


それよりも、私には現実にやりたいこと、

やらなければならないことがるのです。


そうした考えによって、

私はこの不滅性の問題を無数の転生の中で、

ずっと先送りにしてきました。


それは、人生を間違えて生きたというよりは、

人間として生きていくための

真面目な取り組みの中で起きたことでした。


それは決してそれは無駄なことではありませんでした。

私はそんな生き方を十分に経験しなければならなかったのです。


その生き方を通った先に、

人生の意味を見出す道が開けていきました。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。