生きているという現実の中で(12)

それでは、心の中はどうでしょうか。

心は世界よりもさらに生滅が激しいところです。

思考や感情がものすごい速度で

現れては消えていきます。

ここにも不滅のものなどなさそうです。


魂はどうでしょうか。

魂は無になることなく続いている存在のように思えます。

それは死後も私たちの何かを包んで運んでいます。

ただ、それは包み運ぶ役割しかなく、

それ自体が私を不死にするものではありません。


それに、魂も存在しているということは、

誕生した時があるわけで、

それさえいつか無に帰するものです。


この世界には不滅のものなど見当たりませんでした。

私の知っている世界のどこにも不滅のものはありません。

それが私の結論でした。


この世界に在るものすべてが、

必ず変化し消えていく運命にありました。


私は生きていることに何の希望もないと思いました。

この輪の中で永遠に繰り返される転生を

私は受け入れ続けていくしか道はないと諦めました。

それが人間として生きている者の宿命なのだと。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。