生きているという現実の中で(11)

私は永遠なるものを求めて、

楽しく幸せな経験の連続に、それを得ようともしました。


幸せな気持が強くなれば、

それは死んでも無くならないかもしれないと思ったのです。


しかし、それはどれだけ努力しても成功しませんでした。

ずっと幸せな気持ちでいることなど不可能だったのです。


自分の人生を永遠にすることができれば、

決して無くならないものを

得ることができるかもしれないとも思いました。


自分が死ななければ、

自分の人生のすべては生かされ続けるはずです。


そんな不滅な自分こそが、

私の求めている永遠なるものだと思ったのです。


しかし、そんな不滅な自分になることなど、

夢物語だと知っていました。


私は死という絶対的な支配者に、

決して勝つことなどできないのです。


どれだけ健康に気を配ったとしても、

この身体が死という制限から逃れることは不可能でした。


この広い世界の中のどこにも、

不滅のものなどありませんでした。


長い時間存在するものはありますが、

それは不滅ではありません。


人間よりも遥かに長く存在するものでさえ、

いつか必ず無に帰する時が来るのです。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。