生きているという現実の中で(10)

それらはみな、死んだらなくなってしまうものばかりでした。

それはまるで浜辺で砂の城を作っているようなもので、

どれだけ素晴らしい城をつくっても、

満潮の波によって、すべて浜辺の砂に還っていきます。


私に欠けているもの、

それは決して無くならないものです。

たとえ死んでも無くならないものが、

私に欠けているものです。


人生でどれだけ努力して作り上げたものでも、

私の死によって、それらは無に還っていきました。

それは自然の持つ摂理であり、

どうしても避けられないことでした。

私の人生の成果がすべて無になると知ると、

やることなすことが虚しくなっていきました。


すべてが無に帰する運命から逃れられないのであれば、

今の自分の楽しみや人生で作り上げてきたもの、

貴重な世界の旅の記憶の意味が分からなくなってきました。


どんなに素晴らしい体験でも、

その瞬間は確かに満たされますが、

それは記憶になり、やがて記憶からも消えていくのです。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。