生きているという現実の中で(8)

ただ、私にはこの輪から離れる力が与えられていました。

それが智慧と呼ばれる真実を見抜く目のことです。


この智慧を使うことができれば、

私はこの輪から逃れて、

何度も生まれ変わる必要がなくなるのです。


輪の中に捉えられていた自分から足かせが外れて、

完全に自由な存在になります。


それは人間として人生で得られる自由を

遥かに超えた自由です。


しかし、人間は自由を恐れてもいます。

世界を自由に旅する自由は欲しくても、

それ以上の自由には躊躇します。


そこまでの自由は求めていないと、

まるでカゴから出ることを拒む鳥のように、

制限された自由にとどまるのです。


私にとって制限された自由は

とても馴染みがあるものでした。


好きなときに好きな格好で

好きな場所へ行く自由があること、

これだけで十分で、

それ以上の自由など想像もできませんでした。


想像できないために、

それを無理に求めることもあえてしませんでした。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。