生きているという現実の中で(6)

しかし、この人生の繰り返しは、

何処まで続くのか分かりませんでした。


私は何かを得たり失ったりしながら、

生まれたり死んだりして、

まるで大きな輪の中を

終わることなく巡っているようでした。


それは気のせいではなく、

現実に、私は得体の知れない巨大な輪の中に

閉じ込められていたのです。


それでも、そこで楽しい人生を経験できるなら、

私は無理にそこから離れる必要はないと考えました。


もし、私が狭い檻の中に閉じ込められていたなら、

そこに窮屈さを感じて、

不満が起こったかもしれません。


しかし、その檻は果てしない広さがあり、

私に閉じ込められているという実感が起こらず、

むしろ、そこは私が生きるための条件が整った

快適な環境だとさえ感じられたのです。


その環境の中での出来事が私のすべてでした。


この大きな輪の中でいかに楽しく人生を生きるのかが、

私のただひとつの目的になっていました。




空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。