生きているという現実の中で(5)

人間として生まれてきたとき、

私には何の記憶もなく、まさに白紙の状態でした。


それでも人間として初めての経験のを積み上げていると、

満たされた人生を過ごすことができました。


ただ、その経験によって、

私に満たされた時間を過ごすことへの執着が起こり、

それが人生の目的として確立されることに

それほど多くの時間は必要ありませんでした。


私は満たされる何かを求めて生きている人生に、

何の疑問も抱きませんでした。


そうして、私は世界に様々な人生模様を描いては、

何度も何度も死んでいったのです。


さて、このような満たされることを求める人生で、

私は自分の本質とも言うべきその答えを見つけられるのか、

当時はまったくその道筋が見えていなかったと思います。


自分が生きている理由は、

満たされた人生を生きるために決まっていると

当然のごとく心に収まっていました。


満たされて幸せになる経験は鮮烈で印象深いものです。


私はまさに生きているからこそ感じられる

その醍醐味の虜になっていて、

それを求めることに何の疑いが起こるというのでしょうか。


私はその人生観はいつまでも変わらないと思いました。

実際に、満たされた人生は良いものでしたから。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。