生きているという現実の中で(4)

私はそうして人生を生きて、

最後には死を迎えました。


そう、どんなに素晴らしい人生を生きても、

最後には必ず死んでしまいます。


それは私が直面し続けた、

絶対に逃れることのできない人生の現実でした。


死ぬことは私の人生の価値を無に帰しました。


私が死んでも、

世界には自分の生きた痕跡が残るかもしれません。


しかし、死んでしまえば、

それを自分の実感として留めることはできません。


死は私のすべての記憶を奪い去るからです。


死ぬと記憶を失った透明な魂のようになります。


最初は記憶が残っているかもしれませんが、

眠りから覚めたあと、

今まで見ていた夢の記憶が薄らいでいくように、

時間と共に人生の鮮明さが失われていきます。


最後には自分が誰だったのかも分からなくなりました。


ただ、楽しく生きるという人生の目的だけは、

魂に染み付いて運ばれていきます。


それが死んで記憶を失った際に、

自分は楽しい人生を生きていないという状況だけが

浮き彫りになり、

そこから生きることへの飢餓的な感覚が芽生えます。


その感覚は炎のように激しくなり、

力を増していくそれに導かれるようにして、

私はこの世界に何度も生まれてきました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。