生きているという現実の中で(3)

楽しい経験によって満足を得られることは確かです。

そんな楽しい時間をつないでいければ、

人生は幸せな明るい色で染まっていくことも想像できます。


ただ、私は楽しい人生の中に

いくつかの影があることを

認めないわけにはいきませんでした。


どれだけ明るい色を求めても、

そればかりで人生を染めていくことは

できないという現実もあります。


私は楽しい人生を求めていても、

悲しく落ち込むことがありました。

友人と喧嘩をしたり、体調が悪くなるときもあります。

仕事で失敗をしたり、お金を失うこともあります。

それらの経験も私を形作る

欠くことのできない人生模様でした。


私は望まないことが起こっても、

いつもこう考えるようにしていました。

そんな影があるからこそ、

楽しい時間はより満たされ、

それによって感謝の気持ちが起こり、

それが人生の素晴らしさを実感する要因になるのだと。


誰もがより楽しい人生を求める理由がここにあります。

たとえ望んでいない厳しい人生にあっても、

そこから起こる充実感や達成感、

満たされることの経験が、

人を人生の虜にさせているのです。


私は生きる理由を

これ以外に求めることができませんでした。

そのため、自分がどう生きるかの実現が、

私の生きる理由になり、

それについて何の疑いも持たなくなったのです。



空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。