つたえつぐ 第1章:生きているという現実の中で(1)

(1)

自分は何のために生きているのか、

私は実際に人間として生きながら、

ふとそんなことを考えることがありました。


ただ、それは絶対に考えなければならない、

どうしても答えを出さなければならないような

そんな押し迫った必要性を感じませんでした。


現実の自分の人生に目を向ければ、

そこには必要に迫られていることが多々あります。


私は今の自分の人生の状況を

より良く変えなければならないという問題を

常に抱えていました。


それは私にとって何よりも現実的なことです。


そんな現実を疎かにして、

なぜ生きているのかをいくら考えても、

自分の人生の状況は何も変わりはしません。


それなら、私は生きている理由など考えずに、

このまま現実に即した必要なことをして、

如何にしてより良く生きていくかを考えることが

最優先であることは明白でした。


それで、自分が何のために

生きているかという問い掛けを、

私は後回しにし続けました。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。