神の声 第4章:星空の伝承(14)

師は私に言った。


本当の自分を見つけるためには瞑想しなければならない。

瞑想こそ、人間に与えられた最高の能力なのだ。

それは心の中のある一点を鋭い槍のように貫いていく。

そこから、いままでの堂々巡りは変わる。

そして、そこにひとつの道筋を見つけるだろう。

その道筋こそが本当の自分につながっているのだ。


師はそう簡単に言うが、それは簡単なことではない。

心の奥は暗闇に閉ざされていて、恐ろしい姿の魔物が住んでいる。

その魔物の住処に立ち入ったときには、

正気を保たなければならない。


魔物は恐ろしい姿をしているだけではない。

その人の罪悪感や悲しみ、怒りなどを利用し、

それを突きつけて、

侵入する者をそこから追い出そうとする。


そこに立ち入ろうと試みる者は、

大抵それで正気を失いそうになり、慌てて逃げ出す。

そして、こんな場所に立ち入ることは、

危険極まりないと感じて、

二度と近づかないようにする。


だが、本当の自分への道はここにしかない。

真実を知るためには、

この魔物の住む場所を通っていかなければならないのだ。

その先に、本当の自分が待っている。


私はこの場所に果敢に挑んでいった。

そして、何度も打ち負かされた。

いつも真っ黒い毒のような思考や感情に叩きのめされる。

もう、この場所に来るのは止めようと幾度となく思った。

だが、自分への道を探していると、

必ずこの場所に導かれてしまう。

他の道などないのだ。


私は何度でも魔物たちに立ち向かわなければならなかった。

その暗闇に入れば、

魔物たちは恐ろしい姿で、私を攻撃してくる。

私の罪悪感や恐れ、悲しみ、怒りなどを私に突きつけて、

ここに来るなと脅してくる。


どれだけ勇気のある者でさえ、

この魔物たちに叩きのめされて、

二度とここに近寄ろうとは思わなくなる。

そして自分への道を諦める。


どうしても敵わない魔物たちと戦うことに疲れ果て、

私もさすがにもう止めようとか思ったとき、

偶然、魔物たちの弱点を知った。

魔物たちはこちらが強くなればなるほど、

それを超えて強くなる。

それで、私は魔物たちと戦うことを止めてみたのだ。

私の抵抗する力をゼロにした。

そうすると魔物たちはたちまち力を失って、

苦しげな表情をして消えてしまった。


私は魔物たちが消えた向こうの暗闇を目指して進んでいった。

そこはいままでの暗闇よりもさらに暗く静かな空間だった。

空間は果てしなく広がっていて、澄んだ気を湛えている。

だが、そこには何もない。


苦労してここまで来たのに、

そこには暗闇があるだけで、他に何もなかった。

以前、心の中を探ったときとそれほど変わらない場所だ。

魔物たちがあれだけ必死に守っていたものは何だったのか。

私は呆然とした気持ちで何もない空間に目を凝らした。


どれだけ見つめても、そこには暗闇と静寂しかない。

それはそれで平穏な気持ちにもなれ、

何かから守られている感じはした。

ただ、それは世界から受けるそれと同じようなものだ。

私はここに本当の自分を見つけに来たのだ。

だが、それは見事に裏切られた。


私は落胆してそこを出ていった。

いつもの世界に戻ると、そこは光り輝いていた。

光の世界は私を再び魅了した。

やはり、世界は美しく、心地良い。

私はここで生きていくことに価値があると思えた。


もちろん、私はそう簡単に諦めたわけではない。

何度もあの暗闇に行っては自分を見つけようとした。

その度にここには何もないと、私は確かめるしかなかった。

それでも、もしかすると何か見落としがあるかもしれないと、

そう思い直す度に、幾度となくその空間を訪ねた。


そこはどれだけ目を凝らしても何もなかった。

相変わらず何も存在しない虚空の世界だ。

私は訳が分からなくなった。

何かがあるはずなのだが、それが見つからない。


だが、ある時、私はこの暗闇にある存在を偶然見つけた。

それはここが何もない世界だと知っている自分だ。

ここには何もなかったが、自分だけはそこにいたのだ。

この何もない暗闇と静寂は、

そんな私自身を見つけるための場所だったのだ。


世界は私を魅了する色彩にあふれていて、

どうしてもそこに目を向けてしまう。

ここには何もないから、そこに私がいると分かる。

そうひらめいた時、私の古い記憶が解放され、

ここが生まれ故郷だったと思い出した。


ただ、そう分かっても、

私はここにずっといることができなかった。

自分はここに居ると分かっていても、

また光に満ちた世界に引き戻された。

そして、いつものように私の人間的な人生に戻っていった。


光の世界の戻れば、私はあの暗闇の自分を見失っている。

ここでは、私はひとりの人間だという感覚に支配された。

私は本当の自分を取り戻すために、

何度も瞑想をして、暗闇の向こうに出向いた。

そこで何度も自分を確かめた。


私はいったい誰なのか。

光の世界に生きる自分なのか、

それとも闇の世界にいる自分なのか。


私はどちらの自分を信用すれば良いのか分からなくなった。

いや、私は光の世界の自分を信用したかった。

それはとても華やかで、生命に溢れていた。

闇の世界の自分は、何の動きもなく、まるで死んでいるようだ。

それを自分とすることは抵抗があった。


私はようやく見つけた闇の世界の自分に失望していた。

それを本当の自分にしたくはなかった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。