神の声 第2章:砂漠の行者

神の声シリーズ、第2章です。砂漠をさまよう男とそこに突然現れた男、そしてオアシスの女が登場。男は何かを探すために街を離れて砂漠に行くことにします。砂漠で突然現れた男とオアシスの女との会話の中で、男の心は大きく揺れ動きます。いったい何が真実なのか、人生とは何なのか、生きるとは何なのか。それをひとりの探求者の目線で語っていきます。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。