神の声 第4章:星空の伝承(5)

私の愛することへの探求は続いていった。

この愛を極めれば、

私の心の闇を振り払えるかもしれないとも思った。

だが、愛のある人間になることは簡単ではない。

私は段々と愛することに苦悩するようになった。


自分の気持ちが穏やかな時なら愛することは簡単にできる。

けれども、気持ちが苦しい時は逆に暖かく愛されたいと思う。

そんな時は愛されない悲しみによって、

言葉も態度も刺々しくなる。


そのとき、私はまるで愛のない人間になってしまうのだ。

どう頑張って気持ちを整えようとしても、

この愛することの浮き沈みに流されてしまう。


あるとき、私は別の神と話ができる人間の噂を聞いた。

その神は愛とは違うことを説いているという。


私はその人間の話を聞きに行った。

その別の神と話ができる人間によると、

その神はあるがままの自分で良いと言っているというのだ。


愛することも愛されることも、あるがままで良い。

感情に波のある弱い自分さえも受け入れて生きて良いという。

私は目が覚める思いがした。

これこそ私が求めていた救いだと思った。


無理に愛することなどないのだ。

自然にあるがままに生きることこそ私に必要なことだ。


その人間は神の言葉をこう伝えた。

あるがままに生きなさい。

それが神の望むことです。

人間はあるがままに生きるよう神に創られたのです。

すべては神が導いてくれます。


私はあるがままに生きることにした。

それは、私をとても自由で解放された気持ちにさせた。

愛に縛られていた心がとても軽くなる。


愛したいときに愛し、悲しいときに悲しむ。

怒りたいときに怒り、笑いたいときに笑う。

それから、私は自分の気持に正直に生きていった。


だが、あるとき、これで良いのかと思った。

あるがままで生きることは確かに楽になるが、

それによって自分中心になり、

またあの孤独に陥ることもある。

私の心の中のあの闇も相変わらずそこにある。


あるがままでいることは、

私の歪んだ何かを修復しているわけではないのだ。

私はあの闇を消し去って、

自分が完全に満たされることを先延ばしにしている気がした。


まるで見たくないことは見ないとか、

解決できないことは解決できないと言っているようで、

そんな気まぐれな自分になろうとしていることが

少し悲しくなってきた。


そこで、神と話せる人間にそのことを相談すると、

そう思うこともあるがままで生きなさいと、

神は言っていると言う。


それはその通りだと思うのだが、

どうもこの考えは、

私の抱えている根本的な問題の解決になっていない気がした。


それでも、私はあるがままに生きていった。

心の闇は照らされることなく、

いつ孤独に苦しむかも分からないままでも、

その時の私にはそうするしか救いがなかったのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。