神の声 第4章:星空の伝承(2)

私の物語をお話しよう。


私の始まりはこの宇宙の前に遡る。

私はそこで目を覚ました。

どうも長い間、眠っていたらしい。

誰が私を目覚めさせたのかは分からない。

とにかく、私は、目が、覚めたのだ。


そこは見渡す限り暗闇だった。

そして、誰もいない。

さらに、私は自分が誰なのか知らなかった。

ここに居る私はいったい誰なのだ。

そう思った。


私は自分の姿を確かめようとした。

しかし、どう頑張っても、

私は自分で自分を見ることができなかった。

暗闇の中でただ自分で居ることしかできない。


私は少し落ち着いて辺りを見回した。

そこはすべてが停止していて何の動きもない。

暗い静寂が在るだけだ。

私だけが目覚めて存在している。

それだけが確かなことだった。


私はそこに自分以外の何かを見つけたくなった。

自分以外の何かが存在すれば、

自分が誰なのかか知ることができるかもしれない。

そう思ったのだ。


そう思った瞬間、私の中で何かが弾けた。

何かは分からないが、

私の中で何かが新しく生まれたようだ。

それは透明な何かであり、

とても細かい粒子のようでもあった。


最初に空間がすごい速度で広がり、

その広がる動きに伴って時間が始まった。

その空間の広がりと共に、

小さく弾けた無数の私が、

その中を四方八方に散らばっていく。


それは光り輝く雲のようにも見えた。

雲は空間の広がりを追いかけるように、

その中を急速に広がっていった。

暗黒の闇は白く光る霧で満たされていった。


私はそこで初めて動くものを目にした。

だが、それは私の別の何かというよりも、

私が何かに変容した感じだ。

これが私なのかと目を見張った。

輝く光とそれが散らばっていく動きは私そのものだった。


そこで無数の私に再び変化が起こった。

広がっていく空間の中で、

私は何かの法則にでも従うかのように所々で集まり始め、

それが燃え上がったり冷えたりしながら固まっていって、

幾つもの丸い星になっていった。

暗闇が戻り、そこに点々と星が輝いている。

今で言う地球上からの星空の眺めに似ている。


星たちはそれぞれに特徴ある姿になっていった。

ある星では大量の雨が降り続けた。

その水が溜まって星を覆い尽くした。

溶けた赤い岩石が大地を隆起させ、水面を切り裂いて陸地が現れた。

穏やかな風が雲を運び、時にはそれが激しい嵐になった。

時にはその水は全て凍りつき、またすべて干上がった。

熱を帯び激しく光り輝く巨大な別の星がその星を照らし続ける。

過ぎていく時間の中で、星の表情が目まぐるしく変わっていく。


星たちは法則に従って動き始めた。

そうして私の中に宇宙という世界が創造されていった。

私はこの動きに満ち溢れた世界を夢中で眺めた。

それはあまりに美しく、私を魅了したのだ。

そして、この世界で生きてみたいと思った。


私は宇宙を見渡す目で空間の中を風のように旅していった。

ある時、私は暗闇の中に青く光る宝石のような星を見つけた。

その星にはたくさんの小さな命が生まれていた。

私はその生命の内側から、この世界を眺めてみた。

私は宇宙全体を包み込む自分から、

その宇宙を眺めるたくさんの小さな点になったのだ。

すべてが自分なので、

私は当たり前のようにそんなことができた。


星の変化は止むことがなく、

そこは無数の生命が次々に現れた。

大地は濃い緑に覆われ、そこに色とりどりの花が咲いた。

そこに小さな虫たちが花を求めて舞っている。

私は花になったり、虫になったりした。


しばらくして、種々の動物たちが現れ、

そして、人間が登場した。

こうした変化も私が望んだから起こったようだが、

どうやってそれを引き起こしたのかは記憶にない。


私は人間の目で世界を見てみた。

その澄んだ目ですべて自分でできている素晴らしい世界を眺めた。

人間の感覚は他のその生命よりも洗練されていた。

世界の美しさを強烈に感じることができる。

人間、これが私の望んでいた自分だと思った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。