水無月の風景

空を覆いうねる雲から降る雨は、緑深き森の木々を潤す。

雨粒は大地に滴り落ちて、やがて小さな水の流れとなる。

その流れはどこかを目指すように力強く谷を駆け抜ける。

水はどこかにたどり着くが、いずれまた空に昇り雨となるのだ。

空風瞑想

空風瞑想は真我実現の瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。「私は誰か」の答えを見つけて、そこを自分の拠り所にするとき、新しい人自分としての生が始まっていくでしょう。