神の声 第3章:大樹の精霊(12)

「真実を見据えたまま揺るぎない眼差しで歩む魂の救済者よ」

「すべてを捨て去ることは簡単にはできないことです」

「あなたのその直向きな思いに敬意を持たずにいられません」


「ただ、少しだけ分からないことがあります」

「あなたは自分の真実を知るために」

「心の状態を変えようとしているのでしょうか」


「そして、自由で喜びに満ちた気持ちになることが」

「あなたの求めていることなのでしょうか」


「もし、そうであるなら」

「それは必ず変化するため」

「あなたは求めている真実を手にすることができません」


「もちろん、一時的に自由で満ち足りた状態にはなるでしょう」

「でも、それを維持することはできないのです」


「もし、それを維持しようとすると苦しみになります」

「あなたは自由で満ち足りた状態を維持しようと」

「苦悩することになります」


「そんな状態になることが」

「本当にあなたの求めていることなのでしょうか」

「それがあなたの言う本当の自分なのでしょうか」


「私の師は、本当の自分とは」

「心の中で微塵も動かない存在だと言っていました」


「その存在が自分だと知ることで」

「あらゆる心の状態を超えて完全になるのだと」


「それは無の境地であったり」

「喜びに満ちた気持ちになることではありません」

「それよりももっと深い所にある存在になることです」


「それは、無の境地にあると知っている誰かであり」

「喜びに満ちた気持ちになっていると分かっている存在です」


「その存在は決して変化しません」

「それだけが自分の真実だと言えるものです」


「私の師もあなたも同じように瞑想をしていましたが」

「そこで求めるものは違うようです」


「あなたはそんな本当の自分を知りたくはないのでしょうか」

 精霊はそう男に尋ねた。


「あらゆる障害を踏み越えていく力強い生命の炎よ」

「あなたの話しを聞いて目が覚める思いがしました」


「私が求めていたものは確かに心の状態」

「それは必ず変化するものです」


「瞑想のとき、何も考えない無の境地になることはあります」

「でも、いつもそうなるわけではありません」

「瞑想していない時には、無意識に何か考え事をしています」


「自由で満ち足りた気持ちになることもありますが」

「ずっとそんな気持ちでいるわけではありません」


「ただ、無の境地も満ち足りた気持ちも素晴らしいと感じるため」

「ずっとそういう状態になれれば良いことだと考えるのです」

「それを実現するために私は瞑想を続けてきました」


「でも、あなたのお話を聞くにつれて」

「私の瞑想で求めていたものが少し的はずれな気がしてきました」


「私が求めているものは自由で満たされた気持ちですが」

「その本当のところは、変わらないという状態のことです」


「変わっていく世界の中で、同じように変わっていく自分は」

「努力次第で良くも悪くもなります」

「それを良い状態だけに止めようとすることは確かに無理なこと」

「世界も私の心も、いつも変わっていきます」


「その無理なことを、無理だと知りながら」

「私はその状態を求めてきました」


「そう、いつの間にか、私は」

「心や身体が幸福である状態を求めるようになっていたのです」


「元々、私は自分の中の変わらない状態になりたかった」

「そのために瞑想で無の境地になろうとしてきました」


「無であれば、それ以上の無になることができないからです」

「それが究極であり、完全な解放だと思ったのです」


「しかし、結局は無の境地から」

「どんな変化が期待できるのかということに」

「私の興味は移っていきました」


「私は知らないうちに」

「世界の変化の中に引き戻されていたのです」


「そして、自分が良い変化になることを望んでいました」

「瞑想して良い変化になることに喜びさえ感じていたのです」


「それは世界の変化にあるものですから」

「本当の自分であるはずがありません」


「もちろん、喜びもつかの間のことに過ぎません」

「つかの間のことであるがゆえに」

「私は瞑想をしながら」

「心を良い状態にするべく」

「それを飢えた獣のように追いかけていたのです」


「私の無の境地は自分の真実に向かっているどころか」

「気づけば、それとは全く反対の世界に進んでいました」


「あなたの師が言われたことは本当のことです」

「変化しない存在である本当の自分自身を知ること」

「私が瞑想で知ることは、確かにそれだけで良かったのです」

 男はそう精霊に答えた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。