超人ザオタル(66)使命

「それを自分で探り出して、ハルートに伝える」

「はい、そうすれば、真実は世界に伝わるでしょう。

それがこの時空での私たちのやるべきことになります」

私は自分が真実、つまり存在だと知っている。


だが、真実は自分が誰だか分からないのだ。

それを知らしめて、私という時空は完結するのだ。

それまでは、拡張された草原でさまよっているようなものだった。

やるべきことはまだ残っている。


やるべきこと、それはこの世界と真実をつなぐことだ。

世界には世界の言い分があり、それを確立させるために働いている。

真実は真実として存在しているが、そんな世界で居場所を失っている。

世界から見れば、真実はまるで陽炎のように掴みどころのないもの。


世界にとって何の価値があるのかさえ分からない。

真実には何の価値もない、それが現実的な世界の対応なのだ。

そのつなぎ目となる者、それが私だ。

私は真実であり、同時に世界でもある。


真実は世界での価値を越えていて、すべての価値として存在している。

それを理解しているのはこの世界で私だけだ。

その私をこの時空で広げていくこと、それが今の私に託された使命だ。

アルマティが言っているのはそういうことだろう。


果たしてハルートは真実についてどこまで知っているのか。

多少はアルマティから伝え聞いているはず。

私は静けさに包み込まれているのを感じた。

そこから小さな泡が次々に弾けるような音が聞こえた。


それは次第に大きくなり、滝を流れる水の音に変わった。

その音に流されるようにして私は身体へと戻っていった。

閉じたまぶたに光を感じる。

私はゆっくりと目を開いた。


目の前にははルートがいて、まだ目を閉じている。

ひとつ息を吐いて、ハルートがゆっくりと目を開いた。

「…、お話するつもりが、瞑想をしてしまったようです」

そう言って、恥ずかしそうにうつむいた。


「いや、もうアルマティとは話をさせてもらったよ」

私はそう言って微笑んだ。

ハルートは顔を上げて不思議そうに微笑んだ。

私の言葉を信じようとしているのが分かった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。