如月の風景 Ⅲ

幾日もの風雪にさらされた山は深い静けさを保っている。

そこを歩む自らの足音だけが静けさを破り山の音となる。

だが、立ち止まれば、たちまち圧倒的な山の存在に飲み込まる。

空を見上げて、我が小さな音を許してほしいと山に願うのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。