神の声 第2章:砂漠の行者(16)

 光を感じて、私は目を開けた。

 砂漠の夜が明けようとしている。

 地平線を眺めていると、次第に空が白んできて、太陽が地平線から姿を現す。

 私はただ無心でその美しい景色を見つめた。

 太陽は見る間に空高くへと昇り、光が眩しく輝き出した。

 私は我に返り、慌てて立ち上がると早足で歩き出した。

 

 いつものように、私の身体は砂漠の太陽に激しく焼かれた。

 今度こそもう駄目だと心が折れかけたとき、私はオアシスに辿り着いた。

 気力を振り絞って池へと向かい、夢中で水を口に含んだ。

 私は木陰で疲れ切った身体を横たえた。

 そして、身体が落ち着いてきたのを見計らって、宮殿の部屋へと向かった。

 すれ違う人々が笑顔で私に会釈をする。

 いつもと変わらない光景だ。

 部屋に入ると、女がソファーに座って待っていた。


「今日も砂漠からご帰還ね」

 女は美しい笑顔で私を見た。


「ええ、今日もやっとの思いでオアシスに辿り着きました」

 私はそう言いながらひとつ息を吐いて、女の隣りに座った。


「瞑想しているときも砂漠に飛んでいってしまうのかしら」

 女は少し皮肉交じりにそう私に尋ねた。


「はい、瞑想していても砂漠に飛んでしまうようです」

「瞑想から目覚めたら、もう砂漠でしたから」

 私はそう言って残念そうに笑った。


「それで瞑想はどうだたの」

 女はそう言って私の目を見た。


「ええ、そうですね、瞑想のことはまだ良くわかりません」

「そんなに直ぐに分かるものではないようです」

「でも、自分が誰なのか、それは何となくですが分かってきました」

「すごく単純な話で、ただそれを知らなかっただけみたいなことで」

 私はあまり得意にならないように気をつけて話した。


「そうなのね」

「それで、あなたが知りたいことが分かったら」

「ここにずっと住んでくれるのかしら」

「すっとこの調子だと、私も疲れるわ」

「もちろん、あなたもね」

 女は少し憐れむような目で私を見た。


「ええ、私のような見知らぬ者に親切にしていただいて」

「本当に感謝してます」

「私もこのオアシスの宮殿で過ごしたいと思ってます」

「でも、それのためにも私が納得する答えを見つけなければ」

 私はそう真顔で言った。


「そうでしょうとも」

「もちろん、ここではあなたの好きなようにして欲しいわ」

「ここはあなたがいるべき場所だから…」

「さて、あなたは今からここで瞑想するのね」

「あなたの納得する答えが見つかることを祈っているわ」

 女はそう笑顔で言うと立ち上がって部屋を出ていった。


 私はその後ろ姿を見送ると、ひとりで少しだけ食事を摂った。

 それから風呂に入って身体の疲れを癒やした。

 私はまたソファーに戻り、そこで目を閉じて瞑想に入った。


 目を閉じていると、

 私を捕まえようと宮殿の微かな音や匂いが私の感覚を誘う。

 それをやり過ごすと、今度は取り留めのない考えやイメージが沸き起こり、

 それが光の川のようになって暗闇の淵に流れて消えていった。


 静寂と暗闇だけになった心の中で私は何かを見ていた。

 それはまるで暗闇の夜空に星を探そうとしているようだった。

 そこで何かを見ている者がいる。

 これが本当の自分だ。

 

 私は確かにここにいた。

 それは確信に満ちていた。

 私は目に見える存在ではないが、確かにここにいる。

 無いけど在る、在るけど無い。

 とても不思議だが、

 私はひたすらそれに合わせて、その感覚に浸った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。