神の声 第1章:天使と悪魔(16)

「分かりました…、分かりましたよ」

「とりあえず洞窟に戻って様子を見てきます」

「もし二人が無事なら」

「それを見届けてここに戻ってきます」

「それでいいですか?」

 僕はやっぱりここに戻ってきたい。


「ええ、それでいいわ」

「あなたは決していまここで眠ってはダメなのよ」

「誰もあなたの代わりはできないの」

「だけど、あなたに何かを強制することもできない」

「私たちはあなたに道を示すことしかできない」

「あなたは神の言葉を喋ったのよ」

「そんなことができるのはあなただけ」

「だから、あの世界を救ってあげて」

「それができるのはあなただけなの」

 白い悪魔はそう言って急に目をうるませた。

 一筋の涙が頬を流れていった。


 そんなに大事なことなのか。

 そんな姿を見せられたら、僕だって気持ちがほだされる。

 なぜか申し訳ない気持ちになった。

 でも、現実的にだ、いったい僕に何ができるっていうんだ。

 そんなに期待されても、何もできることなんてない。

 何も知らないし、どうやって世界を救えばいいんだ。

 まあ、とりあえず言う通りに洞窟に行くだけ行って、

 それでダメなら戻ってくればいい。

 僕に考えられることはその程度だ。

 

「それでいいなら…、それで」

「あの、気持ちが変わらないうちに、さっさと戻してください」

 僕は白い悪魔の涙を見てしまった多少の照れもあって、

 わざとムッとした口調でそう言った。


「ええ、ありがとう」

「そうね、それでは目を閉じて」

「もう一度、瞑想に入るわよ」

「ただ、あなたは心の中の風を追っていけばいいから」

「それで正しい場所に導かれて…」


 白い悪魔の声が聞こえたのはそこまでだった。

 僕は目を閉じた瞬間、ここの光が遠ざかっていくのを感じた。

 心の中の見えない流れに乗っていて、それに抗うこともできない。

 心の中の光が闇に変わっていく。

 まるで、突然、世界が昼間から真夜中に変わっていくようだ。

 そして、すべてが闇に包まれたとき、僕は目を開けた。

 僕は薄暗い森の中であの洞窟の前に立っていた。

 まるでデジャブを見ているようだ。

 

 ちょっと待てよ。

 僕はここに何度も来ているぞ。

 2,3回というレベルではない。

 きっと、それは数千回、数万回だ。

 僕の背後の森の外から人の声が聞こえる。

 楽しそうな話し声や笑い声が、

 遠くの記憶を呼び起こすように僕の心を捉える。

 それはとても懐かしくて親しみのある記憶だ。

 振り向いて森の外に行ってみようか。

 僕はそんな衝動にかられて、振り向いて森の外を見た。

 いや、あのとき僕はそんな世界を振り切って、

 ひとりでこの森に来たんだ。

 この森の中に何かがあると感じて。

 

 そう思い直したものの、僕は洞窟に入るかどうか迷った。

 この中にはあの天使と悪魔がいて、

 いや、もしかすると完全に暗闇に溶けてしまっている。

 そこに僕が行ったとして、どうなるものでもない。

 いったい僕は何をしようとしているんだ。

 やっぱりやめよう、そう思って振り返ろうとしたが、足が動かない。

 世界に戻ろうという気持ちにも迷いがある。

 僕はさんざんこの世界で生きてきた。

 40億年もこの星に閉じ込められて、やれることは全てやったのだ。

 できなかったことは、この星から抜け出すことだけ。

 

 この星から抜け出せなければ、

 きっと僕の人生はこの後、何十億年も続いていく。

 その抜け出すためのたったひとつの道がこの洞窟の中にある。

 この人生でやっとそれを見つけたのだ。

 振り返って世界に戻ることは簡単だが、

 そうしたら僕はまた失敗する。

 そうして、いままで何万回も失敗してきた。

 いまがその失敗を取り返すときなんだ。


 僕は洞窟に向けて一歩を踏み出した。

 その一歩は次の一歩になり、段々と早足になっていった。

 僕は洞窟の中に入り、奥へと進んでいった。

 そして、あの暗闇の空洞に行き着いた。

 

 そこは真っ暗で何も見えなかった。

 そこで目を閉じてじっとしていると、

 僕はまた身体が溶けるように消えていくのを感じた。

 そして、自分という意識だけが残って浮遊しているだけになった。

 やがて、その自分という意識さえ消えていって、

 あの天使や悪魔とひとつになった気がした。

 

 天使や悪魔だけではない。

 僕が今までいた世界のすべてとつながった。

 あの果てしない草原の世界もそうだ。

 そこで雷にでも打たれたように目が覚めた。

 この暗闇が自分であって、それは僕という自分を超えている。

 

 暗闇は生き生きとしていて、歓喜に満ちている。

 これが僕の奥底にある現実であり、世界の現実なんだ。

 僕はそこですべてを失い、すべてを手に入れた。

 小さな星を抜け出して、果てしない宇宙を包み込んだ。

 これがひとつということか。

 

 宇宙空間だけではない。

 ここに静止しているということで時間のすべても飲み込んだ。

 一点に留まるということが時間を完全に支配している。

 この瞬間も150億年前も同じなのだ。

 僕は150億年前から変わらない自分でいる。

 これが僕の、いやすべての本質。

 

 僕は僕を超えて、ただ存在するだけになった。

 それ以外は何もなく、それで完全だった。

 僕はただ存在しているということに浸り続けた。

 それからしばらくして、僕は自分を感じ始めた。

 あの人間としての小さな自分がここに現れていく。

 身体の感覚も蘇ってきた。

 僕はまた以前の人間に戻っていった。

 

 なぜまた人間に戻るのか理解できなかった。

 僕は僕を超えて、永遠になったはずなのに。

 もう戻らないで欲しいと思った。

 だけど、僕はついさっきここに来たばかりの状態になって、

 ひとりただ洞窟の暗闇で佇んでいた。

 

 そのとき、僕の中から分身のように天使と悪魔が現れて、

 何も言わず僕から離れていった。

 天使は白く光る羽を大きく広げて優雅に羽ばたきながら、

 あっという間に闇の彼方に飛んでいってしまった。

 悪魔は黒く大きな背中を僕に向けたまま、

 天使を追うように暗闇の中へと消えていった。

 

 ふと振り返ると洞窟の入り口から差し込む光が見える。

 僕は暗闇の空間を後にして、洞窟の入り口に向かって歩いていった。

 そして洞窟から外に出た。

 僕は森の中を通り抜けて世界へと戻っていった。

 そこは晴れ渡る青空と草原の世界だった。

 あの女の天使と悪魔は見当たらなかった。

 ただ、あちこちに人や動物たちがいるのどかな風景が広がっている。

 それがとても新鮮で、僕は思わず深呼吸した。


 僕はまた失敗したのだろうか。

 いや、僕は知っている。

 この記憶だけはなくならない。

 僕は自分の中に洞窟があるのを知っている。

 真っ暗で何もないところだけど、確かにそれは今も存在しているのだ。

 そこはすべてとつながっていて、僕たちの世界に命を与えている。

 それが僕の中にあって、消えることはない。

 これが僕の真実なのだ。


 神が導きたかったことはこういうことだ。

 こういうことだった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。