神の声 第1章:天使と悪魔(13)

「おい、人間」

「どうするんだ」

「覚悟はできたのか」

 天使が僕に尋ねる。


「おいおい」

「こいつは何の覚悟もできてねえよ」

「さっさと夢の世界に返しちまおうぜ」

「考え込んで黙っているだけじゃねえか」

「無理なんだよ」

「余計なことなんか忘れてよ」

「夢の世界で楽しくやっていればいいんだ」

「なっ、そうしなよ、人間」

 悪魔はここを闇にさせないつもりだ。


「覚悟は、できました」

「やりましょう」

 僕は天使にそう言うだけで精一杯だった。

 その自分の乾いたかすれ声を聞いて焦って汗が出た。


「うむ、分かった」

「オマエももう覚悟しろよ」

 天使は悪魔を憐れみの目で見た。


「クソっ」

「仕方がねえ」

「やるなら、さっさとやってくれ」

「何も起きないに決まっているぜ」

 悪魔は不貞腐れてそう言うと暗闇を見上げた。


「分かった」

 天使はそう言うと目を閉じた。


 僕と悪魔は天使の方を見て、光の様子を観察した。

 天使の身体や服、翼から放たれている光が段々と弱くなっていく。

 それとともに暗闇がジワジワと僕たちを包んでいった。

 悪魔は落ち着かない様子でそれを見ている。

 やがて天使の光は完全に消えて、その残像だけが目の奥に残った。

 そして、その残像も消えて僕たちは完全な闇に飲み込まれた。

 お互いの姿も全く見えない。

 ここは元々の暗闇と静寂に支配された。


「おい、いるのか」

 悪魔が怯えたような声でささやく。


「はい、ここにいます」

 僕は悪魔に答えた。


「オマエじゃねえよ」

 悪魔がイラついてそう言った。


「ああ、オレはここにいるよ」

 天使が悪魔に答えた。


 誰も何も言わなければ、

 そこはまるで時が止まったような闇と静寂の世界だ。


「もう、いいんじゃねえのか」

 悪魔が耐えきれずに気弱な声でそう言う。

 それには誰も答えず、闇が悪魔の声を飲み込んでいった。


 僕はまたあの感覚になるのを感じた。

 人間としての存在が闇の中に溶けていく。


「何だこれは」

 天使の声がした。


「おいおい、勘弁してくれよ」

 悪魔の泣きそうな声がする。


 そんな声を闇はあっという間に飲み込んで、

 何事もなかったように静寂に戻す。

 静寂がこんなにも力強いとは思わなかった。

 僕は溶けていく感覚に身を委ねた。

 それと同時に満たされた感覚が蘇ってくる。


「オレが無くなっちまう」

 悪魔が悲鳴のような声を上げる。

 

「ああ、オレも感じるぞ」

 天使の声が闇の中から響く。


「それに抵抗しないで身を任せてください」

 僕はそう言った。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。