神の声 第1章:天使と悪魔(9)

「あのう、神さまの言っていることは」

「さっきオレたちが話してことですよ」

「ちょっと今まで遊びが過ぎましたが」

「これからそれをやろうと思ってたんです」

「なあ」

 天使はそう言って悪魔に相槌を求めた。


「そうそう、そうなんですぜ」

 悪魔もそう言って僕を見た。


「そんなことは分かっている」

「私がお前たちの話を知らないとでも思っているのか」

「私はお前たちより数歩先を行っている」

「そうお前たちに思いつかせたのも私だということだ」

「この人間をここに連れてきたのも私だ」

「ここから人間たちが新しい一歩を踏み出せるようにな」

 僕はそう言うと小さくなっている二人を見た。

 天使と悪魔が僕の前にいる光景はとても奇妙だった。

 僕は何というか二人のことがとても好きになっていた。


「分かりました、神さま」

「オレたちの任務がはっきりとしました」

「で、確認なんですが」

「オレたちは何をすれば良いんでしょうか」

 天使がちょっと困った目で僕を見た。


「オマエ、神さまの話しを聞いてなかったのかよ」

「ここに人間どもを連れてくるってのが」

「オレたちの任務じゃねえのか」

「それがオレたちのやることだぜ」

「そうですよね、神さま」

 悪魔が勝ち誇った顔で僕を見た。


「まあ、そういうことだ」

「だがな、ここに人間を連れてくるのは簡単じゃないぞ」

「なにしろ、みんなリアルな世界に毒されている」

「お前たちも早くこんな暗闇から出て、世界に帰りたいだろう」

「世界が自分の生きている場所だと思っている」

「それは私がそうしてしまったから無理もない話だ」

「それに人間たちは暗闇を恐れている」

「闇を邪悪な何かだと思っているのだ」

「そして、光に溢れる世界こそ求めている場所だと思っている」

「だから、上手くここに引っ張り込めても」

「人間たちはそそくさと帰り支度を始めるだろう」

「恐ろしい魔物が現れる前に早く帰りたいと思う」

「そこでだ、その誤解を解かなければならん」

「お前たち、ここのことを人間たちにどう説明するつもりだ」

 僕はそう言って二人からの答えを待った。


「そんな急に言われても…」

「何も思いつきません」

「それに、いい加減ここから出たいと思っているのは」

「本当のことです」

 天使は申し訳なさそうに僕を見た。


「確かに、この暗闇からオレみたいのが現れたら」

「絶対に人間たちは誤解しますぜ」

 悪魔が恐ろし顔をしかめて言った。


「そうだろ」

「ここを説明することは難しく」

「そして誤解を招きやすい」

「そこでだ」

「お前たちはここで議論をするんだ」

「ここは何なのか」

「それについての議論だ」

「もちろん、お前たちは答えなど知らなくていい」

「私も答えを与える気などない」

「そもそも簡単な答えは知的な人間たちを失望させるだけだ」

「分かってしまうと面白くないお化け屋敷みたいにな」

「未知のものに興味を持たせるということが大切だ」

「もちろん、何の興味も待たない人間もいるだろう」

「それはそれで仕方がない」

「興味をもたせるように矯正するのは私の主義じゃない」

「人間の自発性こそ、私が大切にしていることだ」

「だが、道を示すことはできる」

「それがお前たちの仕事だ」

「どうだ、分かったか」

 僕は自信なさげな顔をしている二人を見た。


「神さまの言わんとするところは分かります」

「ただですね、ここがどんな場所なのか」

「ある程度は知らないと」

「オレたちも困ります」

「人間たちに突っ込まれたときに」

「答えようがないと…」

「オレたちはこの場所があることは知っていても」

「ここがどんな場所なのかはよく知らないんです」

 天使は困った顔で僕を見た。


「オレもある程度知らねえと」

「オレがここに人間たちを連れてきたら」

「きっと騙されて地獄に落とされたと思いますぜ」

「そこで説明がしどろもどろだったら」

「絶対、人間はオレのことを邪悪な何かだと勘違いする」

「ここの秘密をちょっとだけ教えてくれませんかねぇ」

 悪魔は媚びるような笑みで僕を見た。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。