師走の風景 Ⅱ

見えない時の流れに抗える者はいない。

誰もがその強大な流れの中で生きるしかないのだ。

それが儚い夢であっても、理不尽な現実であっても。

だから、せめてもの抵抗として、時に色彩を添えるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は真我実現の瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。「私は誰か」の答えを見つけて、そこを自分の拠り所にするとき、新しい人自分としての生が始まっていくでしょう。