神の声 第1章:天使と悪魔(3)

「まあ、神は必要なんだろうが」

「それはすでにそうしてきて失敗したんじゃねえのか」

 悪魔が天使をなだめるように言う。

「な、そこが問題なんだろう」

「人間どもは神に名前をつけて」

「それを独り占めしようとしたよな」

「その結果がどうなった」

「なんと戦いが起こったろ」

「オレたちもびっくりだぜ」

「おいおい、ちょっと待てよ」

「ふたりでそう言ったよな」

「神を与えたのに」

「人間どもはそれをネタに自滅の戦いを始めたんだぜ」

「それがどれだけ続いている」

「もう三千年だ」

「誰もこれを止められねえ」

「人間どもに神を与えたのは失敗だった」

「もし、ここからやり直すとするならだが」

「いままでの神の与え方が悪かったのかもしれねえ」

「今度はどうやって神を与えるか」

「そこがオレたちなりに賢くやるとこじゃねえのか」

 悪魔はどうだという顔で天使を見た。


「おお、オマエ、いいこと言うなあ」

「オマエの言うことはもっともだ」

「そこなんだよ、問題はな」

「確かにな、オレたちは神の与え方がマズかったかもしれん」

「ただ神を与えれば良いと簡単に考えていたからな」

「あれでは人間たちも誤解するだろう」

「それで、どうする」

「今度はどうやって、人間たちに神を与える」

「今からでも間に合うだろう」

「ここからやり直しだ」

 天使は悪魔の言葉に期待した。


「それだよ問題は」

「どうやって神を与えるか」

「それが分かれば苦労はしないってことよ…」

 悪魔の言葉はさっきまでの勢いがない。


「なんだよ」

「分かんないのかよ…」

 天使はがっかりして言った。


 二人はそれっきり黙ってしまった。

 洞窟の暗闇の中で沈黙が続いた。  


「ホントに神がいてくれたらな」

「オレたちはこんなに苦労しなくて済むのにな」

 天使がしょんぼりと言った。


「ああ、確かに」

「神がいたら問題なんてねえんだ…」

 悪魔も力なくそうぼそっと言って黙った。


「だいたいな」

「オマエが神を語って人間にいろいろと与え過ぎるんだ」

「与え過ぎると人間たちはおかしくなる」

「それでオレが神を語ってそれを奪うと」

「人間たちはそれでもおかしくなる」

「オレに怒りをぶつけてくる」

「オレはは憎まれ役かよ」

「ちょっとはオレのやっていることも考えてくれ」

 天使は腕を組んで悪魔を睨んだ。


「おいおい、ちょっと待ってくれよ」

「人間どもがおかしくなるのはオレのせいだってのか」

「あれこれ神に求めたのは人間どもだぜ」

「それを与えるのが神の役目だろう」

「オレが望みを叶えてやったら」

「人間どもはあんなに喜んでたじゃねえか」

「おかしくなるのは人間どもに知恵がないせいで」

「オレの責任じゃねえよ」

「勘弁してくれ」

 悪魔はそう言うと呆れた目で天使を見た。


「それにも限度ってものがあるだろう」 

「世界を見てみろ」

「どれだけ物が溢れてるんだ」

「これはみんな神がやったことになっているんだぞ」

「物に埋もれて人間たちは自分を見失っている」

「みんなどれだけ沢山の物を手にするかに必死だ」

「それであちこちで戦いが起こっている」

「これは全部、神が自分に与えてくれた物だって言ってな」

「あれがオマエの責任じゃないっていうのか」

「それが目に余って、オレが人間たちから物を取り去ると」

「人間たちは恨むように悲しそうな目をするんだ」

「こっちまで辛くなる」

「でも、そうしないと人間たちがおかしくなる」

「だから、そこは辛抱して」

「そうするのが神の代行としての責任感ってもんだ」

 天使はムキになって悪魔に反論した。


 悪魔は物を与える神の役で、

 天使は物を奪い去る神の役のようだ。


 天使と悪魔の言い合いは、僕にとって嫌なものではなかった。

 むしろ、暗闇の中に響く二人の声に心地よささえ感じた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。