師走の風景 Ⅰ

敷き詰められた落ち葉から時折思い出したように囁きが聞こえる。

そこで子狸が走り回り、山鳥が早足で過ぎ、猿たちが転げ回る。

その瞬間、落ち葉は賑やかに騒ぎ出すが、すぐに山の静寂に飲み込まれる。

ここではすべてが冬に落ちていこうとしている。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。