霜月の風景 Ⅲ

晩秋の空はどこまでも青く澄み渡り、眼下の大地に輝きをもたらす。

それは手の届かぬ景色だからこそ美しく、見るにとどめておくもの。

この静かな一瞬でさえ、この身は景色とともに時の河を流れゆく。

そこですべてが悠久であれと願うのだ。

空風瞑想

空風瞑想は真我実現の瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。「私は誰か」の答えを見つけて、そこを自分の拠り所にするとき、新しい人自分としての生が始まっていくでしょう。