霜月の風景 Ⅱ

その門をくぐれば、秋の色彩が目に広がる。

そうと知ってはいるが、いまは秋なのだと感じる。

まだ少し夏の余韻のような緑が残り、それも変わることを待っている。

空だけが青く、それが変わらないことで秋は安堵のうちにあるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。