超人ザオタル(12)地平線の希望

わたしたちは千回も太陽が地平線に沈むのを見た。

それでも草原の景色は変わらなかった。

こうなったら野垂れ死にするまで歩いてやる。

私は毎日なかばやけくそでそう思っていた。

-

その日も同じように草原を当てもなく歩いていた。

地平線に小さな影があるのを見つけた。

「あそこに何かありそうだ、ミスラ」

私はその影を見失うまいと目凝らした。

-

「ええ、私にも見えますよ、ザオタル」

ミスラも嬉しそうな声でそう答えた。

私たちの気持ちはあの影に向かうことで一致していた。

その影は地平線に揺らめきながら現れたり消えたりした。

-

それが何かわからないまま、見失わないように歩いた。

歩くことは虚しさや辛さではなく希望になった。

それがあるだけで、身体から力が湧き出てきた。

いまが歓びであり、私がここに生きる意味だった。

-

だが、何日歩いてもそれに近づく気配すらなかった。

そこに見えているのに、手が届かないもどかしさ。

まるで砂漠の蜃気楼のようだ。

そうだ、あれは蜃気楼なのか。

-

そう思うと、身体から力が抜けてきた。

「あれは蜃気楼なのか、ミスラ」

半ば絶望的な感じでそう尋ねた。

「あれは蜃気楼ではありませんよ。

確かにあれは在ります、ザオタル」

-

ミスラはまだ希望を失っていないようだ。

私の歩調は明らかに重くなった。

うつむいて歩くことさえあった。

休息しながら、恨めしそうにあの影を見つめた。

-

私は歩くことに疲れ果ててしまった。

「今日は休もう、ミスラ」

そう言って歩かない日が多くなっていった。

ミスラは黙って何かを考えていた。

-

私は何かを考えることさえ嫌になっていた。

こんなことに何の意味もないのだ。

もう十分に道を歩いてきたではないか。

あらゆることに耐え忍び、そして歓びをも享受した。

-

これ以上歩いても何の発見なく、同じような日々を繰り返すだけ。

それはそれで興味深いが、結局何も残らない。

いったい道は私に何を示そうとしているのか。

もしかすると、そんなものは何もないかもしれない。

-

ミスラは何のために私と歩いているのだ。

私以上にミスラのこの時間には意味がない。

私の旅に意味がない以上、それは同じなのだ。

ある意味、私の犠牲になっているようなものだ。

-

私は休息することにも疲れてきた。

思い立ってその場所に座って目を閉じた。

以前、こうして瞑想していたことを思い出した。

私は心の深いところに降り立った。

-

そこには何もない暗闇だった。

歩く道もなく、他の経験の何もない。

静寂に満ちて、何の動きさえない。

私はただ無心でそこに立っていた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。