超人ザオタル(11)道探し

「やあ、こんにちは」

私は笑顔で軽く頭を下げた。

「道探しですか」

少年は私たちを知っているような顔をしていた。

-

「まあ、そんなところだよ」

私はそう言って、少年の賢さを称えるように胸に手を当てた。

「ぼくはイサト」

「私はザオタル、こちらがミスラだ」

-

「ずっとあなた方がここに歩いてくるのを見ていたよ」

少年は振り返って草原に目をやった。

「ここには道はないですよ、ザオタル」

ゆっくりと私に顔を向けながらそう言った。

-

「それでも歩いて行かなければならないのだよ、イサト」

私はそう言いながら少年の肩越しに草原を見た。

本当に道などないのだ。

強いて言えば、私が歩いたところが道になるか。

-

「それはそうだけど、でもまあいいや」

少年は何かを知っているようだったがそこで口を閉じた。

「君はここで何をしているの」

ミスラが少年に尋ねた。

-

「ぼくは何もしていないんだよ、ミスラ。

ただ、ここで草原を眺めているだけなんだ」

少年はそう言って胸を張った。

それがとても大事な仕事だというように。

-

「そんなんだね、イサト」

ミスラはそう言って安心したように笑った。

草原を往く風が木の葉を揺らして鈴のような音を鳴らした。

それが出発の合図のような気がした。

-

「さて、そろそろ行こうか、ミスラ」

そう言って私は立ち上がった。

「またどこかで会おう、イサト」

「そうだね、また会えるかもしれませんね、ザオタル」

-

私たちは少年の木を背にして歩き始めた。

その木だけがこの草原にあって唯一の目印なのだ。

歩きながら振り返ると、あの木は小さくなっていた。

いつしかそれは小さな影になって地平線に消えていた。

-

「不思議な少年だった。

どこかで会ったことがあるかな」

私は独り言のようにつぶやいた。

草原の風がそれに無言で応えた。

-

道を選択する必要のない旅はある意味自由だった。

だが、私は次第にその自由さが苛立たしくなってきた。

いったどの方向に私たちは向かっているのか分からない。

どれだけ歩いても同じ景色しかないのだ。

-

ミスラはとなりで涼しい顔をして歩いている。

ときには気楽そうな笑顔さえ浮かべているのだ。

そんなときはあらためて不思議な女だと感じる。

それでも道を行く友がいることは正直心強かった。

-

ミスラがいるから私はこの旅を続けているようなものだ。

そうでなければ、とうの昔にやめて小屋に引きこもっていただろう。

だが、この旅の目的が見えてこない。

なぜそうまでして私はここを歩いているのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。