超人ザオタル(6)迷いの道

小屋の窓から見てみると、やはり扉の先に道が続いている。

ミスラの姿はもうそこにはなかった。

私はこの道をつくったのか。

いや、そんなことはない。

-

私がそこに来る前にすでに道はあったのだ。

そして十分に道を歩んできた。

ミスラはそれでもまだ足りないというのか。

いったい、何が足りないのだ。

-

私は椅子に座ったまま頭を抱えた。

もう森の中を自由に散策することさえできない。

小屋を出ることは、また道を歩み始めるということになる。

このままここに引きこもっているか。

-

そんなことも長くは出来ないだろう。

道は目の前にあり、歩き始めるのを待っているのだ。

やるべきことはひとつしかなかった。

すでに私にはいくつもの疑問があった。

-

道をつくったのは私なのか。

それなら私はこの道で何をするべきなのか。

あのミスラは何者なのか。、

なぜ私を知っているのか。

-

そして私はいったい誰なのか。

その答えを出すためには道を歩まねばならない。

それはあまり期待できることではなかった。

結局、私は道で何も得るものなくこの森に引きこもったのだ。

-

そして私はすべてを手放して終わりにしてしまった。

だが、それが私の究極的な答えではないことは確かだ。

道はそこに現れ、そしてミスラがここに来たのだ。

やはり、歩まねばならないのか。

-

私の頭の中は様々な考えが浮かんでは消えていった。

この状況から何か確かなものを得たかった。

あの道で何かに迷ったのなら、またここに戻ればいい。

ここは道から外れた安息の地なのだ。

-

そう思えるこの地があることが私にとっての救いだった。

私は立ち上がった。

扉を開けて、そこから続いている道を見た。

そして私は迷いながらもまた道に一歩を踏み出したのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。