超人ザオタル(4)隠遁者

私は賢者になっても道を誤るという多くの失敗を経験した。

そこで自らも傷つき、人々を傷つけ責められもした。

私の顔にはいくつもの深い苦難のしわが刻まれた。

それでも道は続き、私はそこを淡々と歩んでいった。

-

いつしか私の後ろには付き従う人々の列ができた。

私は分岐で集まる人々にその道の先の話をした。

それがどんな話だったかはあまり覚えていない。

私は秀でた賢者だったが、いつでも未熟で何も知らなかったのだ。

-

それでも人々は私の話に耳を傾けた。

それで去る者もいれば、そのまま付いてくる者もいた。

私は直感で道を選択し、先頭になって歩き出した。

それがどんな道になるかなど何も知らなかった。

-

大抵の場合、私の選択した道は期待通りではなかった。

そこで自らを傷つけ、人を傷つけ、世界を傷つけたのだ。

私はその度に打ちひしがれ、苦悩が胸に刻まれた。

記憶の重石は増えて、それが私の身体と心を蝕んでいった。

-

あるとき、私はそんな自分に耐えきれなくなった。

それで道を外れた深い森の奥にひとり引きこもった。

私は道を歩くことをやめたのだ。

人々と歩んでいくことに疲れ果てしまった。

-

私は森の小屋でただじっと目を閉じて時を過ごした。

静かな森の中にはそれを邪魔するものはなかった。

私はすべての経験のしがらみを捨て去った。

結ばれていた重石もすべて解き放った。

-

もう自分が誰であろうと構うことはなかった。

賢者といわれた自分の誇りも尊厳も捨てた。

ただの人として、何も出来ない愚者としてそこにいるようにした。

そうして私は価値のない人間に成り下がったのだ。

-

それは私にとって予想外に快適な状態だった。

久しぶりに空を見上げれば、その青に心が吸い込まれていく。

森の静寂は私の混乱を優しく癒やしてくれた。

鳥の鳴き声や風のさざめきが新しい私の友となった。

-

そんな中で私は夢を見た。

目の前にあの道が続いている。

周りに人はだれもいなくて、私だけがその道を見ている。

私はひとり立ち尽くして、そこから一歩踏み出すのをためらっていた。

-

はっと目覚めると、私は森の静かな朝の空気を感じて安堵するのだ。

これで何が悪いというのだろうか。

私はこれも道ではないかと思った。

これが私の選択したひとりの道なのだ。

-

私はあの道の夢を頻繁に見るようになった。

道はまた私に歩かれるのを待っていると分かった。

それでも私はあの道に戻る気は起きなかった。

森に中でひとり暮らすことに満足していたのだ。

-

私の顔は穏やかになり、身体は軽やかになった。

これが私の行き着いた道の終着地なのだ。

十分に私は道を歩いてきて、その経験を積んできた。

そしてそれを完全に捨て去ったということだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。