かみむすび(86)悟りの瞬間

悟りとは何でしょうか、ある朝私は老師にそう尋ねた。

老師は黙って目を閉じて、そのまま微動だにしなかった。

私は老師から伝えられる明確な答えを期待していた。

だが私と老師の間には沈黙の時間が過ぎていくだけだった。


日も暮れかかる頃に老師は口を開いた。

誰も悟ることはできないのだ、ただひとことそう言った。

そんなわけはありません、悟るために私はここで学んでいるのです。

そう熱り立つ私を尻目に老師は言葉を続けた。


もし悟りたいのであれば、自分を捨てなければならぬ。

自分を捨てたなら、そこには悟っている誰もいないのだ。

だが誰かがそこにいる、その誰かが悟り自身なのだ。

その悟り自身は自分が悟りだとは思っていない。


異様な夕闇があたりを包んで、老師の姿が見えなくなった。

何もかもが漆黒の闇に飲み込まれ、私はそこで跡形もなく消えたのだ。

悟りについて学んだ私の膨大な知識さえ一片も残ってはいない。

しかし私はまだそこにいて、ただ自分がいることだけを知っていた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。