かみむすび(82)世界の秘密

この世界の秘密は誰にも知られてはいけない。

それを知ってしまったら、後戻りはできないから。

その秘密を知りたいという気持ちはある。

もちろんその秘密を知っても構わない。


いや、むしろその秘密を知るべきなのだ。

だが、その秘密を受け入れるだけの覚悟が必要だ。

その覚悟を培うために、私は瞑想をしているのだ。

秘密への扉はいつでも目の前にある。


それに手をかけて開けようとするが、何度も思いとどまった。

それを開けるにはまだ早すぎるかもしれないと思ったのだ。

私は自分の覚悟に自信がなかったのかもしれない。

私は長い年月、その扉を見つめ続けた。


ある日、その扉が開いていた。

そして秘密がそこから飛び出して横たわっていたのだ。

その秘密とは扉の向こうには本当の私がいるということ。

横たわっていたそれはゆっくりと目を開けて私になった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。