かみむすび(81)宇宙の居場所

とてつもなく巨大な身体の存在がいる。

その大きな存在は自分の身体さえ見ることができなかった。

自分の足先が何処にあるのか探さなければならなかったほどだ。

足先まで意識を動かすのに数億年かかった。


その存在は宇宙と呼ばれている。

その身体の中には様々な世界があった。

宇宙はその世界を数千億の目で見つめていた。

そうして自分が何処にいるのかを知ろうとしていた。


その小さな目たちは身体の中をくまなく探し回った。

宇宙船をつくって、あちこちにその目を飛ばした。

高性能な分析機械を使って、世界をくまなく調べ尽くした。

それでも自分が何処にいるのか分からなかった。


宇宙は思った、私は何処にいるのだろう。

数百億年後に気づいた。

私はいつでもそこにいたのだ。

その巨大な身体の外側に、その宇宙を見つめる者として。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。