瞑想の声は私の終わりへと導く(14)完成された世界

個人は世界で幸福を求めて活動するだろう。

だが、そこに自分が存在だと知る以上の幸福はない。

そう知れば、この世界で最高の幸福をすでに得ている。

しかも、それは存在の特性上、決して消え去ることがない。

-

個人は世界で自由を求めて活動するだろう。

だが、自分が存在だと知る以上の自由はない。

そう知れば、この世界で最高の自由をすでに得ている。

しかも、それは存在の特性上、決して消え去ることがない。

-

個人は世界で愛を求めて活動するだろう。

だが、自分が存在だと知る以上の愛はない。

そう知れば、この世界で最高の愛をすでに得ている。

そかも、それは存在の特性上、決して消え去ることがない。

-

個人がこの世界で得られるどんなものでも、存在以上のものはない。

そうであっても、個人は世界で何かを求めて活動する自由がある。

それが存在の与えた自由だからだ。

個人が消え去る儚い充足感を求めても、何の問題もないのだ。

-

ただこの世界のものをすべて集めても、存在の欠片にもならない。

この世界の知識をすべて集めても、存在の知性になることはできない。

この世界の徳をすべて集めても、存在の愛になることはない。

この世界のどんな物事や知識、愛であっても自分を存在にすることはないのだ。

-

自分が存在だと知っても、この世界で幸福になるわけではない。

自分が存在だと知っても、この世界で願いが叶うわけではない。

自分が存在だと知っても、この世界で何かの能力が高まるわけではない。

むしろ、その逆のことが起こることもある。

-

それで残念だと思うのは、存在をこの世界の常識で推し量ろうとしているからだ。

私は存在としてすでに非世界の住人になっている。

非世界からでは世界の個人とは見ている景色が違っている。

これは非世界の常識を世界に当てはめようとしているのではない。

-

存在を世界に当てはめることはできないことではない。

世界で求めるものは決して完成されることがない。

この世界はあらゆるものが変化していて、定まることがないからだ。

そんな世界で最高の幸福を完成させようとしても無理なのだ。

-

もちろん、それを求めることはできるし、そうすることを否定しているわけではない。

だが、非世界に於いては、すでに最高の幸福が完成されているのだ。

ただこの完成された幸福を世界に持ち込むことはできない。

これは非世界の住人だけが理解できることだ。

-

非世界はこの世界を飲み込んでいる。

この世界の外側に非世界があり、そこから世界が紡ぎ出されている。

そのため世界が非世界を超えることはありえない。

このことを理解するためには、瞑想して非世界の存在になる必要があるのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。